古平知弦のかがくりょく戦記

消費者金融や銀行系カードローンの審査で嘘をつくとバレる?

   

大手消費者金融であれ銀行カードローンであれ、申込をすれば審査が行われます。

カードローン会社のカードローン審査ではキャッシング希望者がどのくらいの融資を受けられるか審査するだけではなく、借り入れ額を見たときに返済をきちんとできるかどうか見ています。

契約申込者の中にはカードローン審査に通りたいがためにうその申告をしようとする人もいます。

たとえば旦那の年収を多く見積もったり、個人情報に嘘を書いたり、旦那の勤務年数を多く書いたりと、審査に有利な情報を書き出すのです。

では実際に申込で嘘をついてキャッシングだけではなく、マイカーローンや住宅ローンなどの事前審査も通り、思ったとおりの借り入れ額を借りることはできるのかというと、そうは行きません。

なぜならキャッシングの申込をすると勤務先への在籍確認電話が行われるからです。

たとえばマイカーローンや住宅ローンであれば勤務先への在籍確認電話は必須ですし、あまりに高い買い物であれば収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書を提出すれば勤務先からの正式な書類ですから勤続年数や正確な収入が分かってしまいますし、嘘をついてもすぐに分かってしまいますし、審査に通らない可能性も出てくるのです。

またキャッシングやクレジットカードなどを作ろうとして自己申告項目に嘘をついても、カードローン会社は信用情報機関に問い合わせることで嘘を見抜きます。

ここでわかるのは「他社からの借り入れ」です。

他社から借入をしていないと申告しても、信用情報機関には遅延状況などが記載されていますので、返済が滞っている場合すぐに分かってしまうのです。

もちろん過去に借入をした履歴も分かりますから、嘘をついて申告するというのはカードローン審査に不利に働きます。

信用情報機関を利用したカードローン審査は大手消費者金融や銀行カードローンほどしっかり行われますし、ローンカードを発行するかどうかに関わってきますから、申込書は必ず嘘偽りない内容を記載するようにしましょう。http://www.dressessalecheap.co.uk/

 - 未分類